【宿泊記】「大磯プリンスホテル」に宿泊しました。【Go To トラベル】

OISO PRINCE HOTEL Eye Catch Image 神奈川県 / Kanagawa, Japan

今回は、神奈川県にある「大磯プリンスホテル」に宿泊しましたので、ご紹介します。

宿泊情報

チェックイン:2020年10月29日(木) 15:00
チェックアウト:2020年10月30日(金) 11:00
部屋タイプ:プレミアムオーシャン最上階海側禁煙 定員3/2 ベッド+ソファ
宿泊プラン:大磯スタンダード(夕朝食付き/アクア/6:00P.M.)
宿泊料金(2部屋):50,466円(38,820円 × 2部屋 -27,174円
入湯税:600円(150円 × 4人)
※Go To トラベル利用により大幅に安くなりました!(35%OFF)

さらに、Go To トラベル 地域共通クーポン 12,000円 相当を受け取ることができました!!

※ 画像は、前回「グランドニッコー東京ベイ 舞浜」に宿泊した際に撮影したものです。

実質、50,466円 + 600円 - 12,000円 = 39,066円(2部屋) と考えると、かなりお得ですね!
4人で宿泊したので、1人あたり9,767円でした。ヤススギル・・・

チェックイン / Check-In

東海道本線大磯駅から路線バスで行きました。

最寄り駅は、「二宮駅」になりますが、ホテルまでは歩いて30分程かかるので、
「大磯駅」で電車を降りて路線バスで行くことをお勧めします。

路線バスの発着点は、駅から徒歩30秒程。
バスは1時間に1本なので、事前に時間を調べてから行きましょう。

「磯07 大磯プリンスホテル行き」に乗っていきます。

「終点 大磯プリンスホテル」には、約11分程で到着しました。運賃は200円です。

ホテルのロビーはこんな感じ。

チェックインは、15:00でした。
ちょうどバスの到着時間だったということもあり、チェックインカウンターには長蛇の列が。
並ばずにチェックインするのであれば、少し早めに来た方が良いかもしれません。

ロビーがある棟と宿泊棟は、分かれており、連結しています。
宿泊棟の1階は、お洒落な空間でした。

ソファーは、感染症対策で隣同士で座れないように工夫してあります。

夜に人がいなくなったのを見計らってロビーを撮影しました。

部屋 / Room

お部屋は、最上階(10F)でした。

枕は、3種類。
固めの枕、柔らかめの枕、柄のついたクッションのようなもの。

温泉施設があるため、バスタオルと持ち込み用のかばんが置いてあります。
(インフィニティプールへ行く際は、3Fスパフロントにて、これとは別に、バスタオルとガウンが入ったバッグを貰えます。)

室内着も、上下別れており、素材が着ていてとても心地よかったです。
持って帰りたい・・・。
ただし、ポケットがついていないので、ルームキーやスマートフォンを落としたり、置き忘れないように注意しましょう。

USBがついているのも地味に嬉しいポイントでした。

窓からの眺めが最高でした!!

窓側から部屋を見ると、こんな感じ。

バルコニーからの景色はこんな感じ。
景色も最高で海風がとても気持ち良かったです。

少し顔を出せばインフィニティプールの様子が見えます。
インフィニティプールの様子は、この後、ご紹介します。

お部屋には、2本のミネラルウォーターと電気ポット、コーヒーメーカー等がありました。
この辺りは、他のホテルと特別変わらなそうですね。

注目して欲しいのは、左下のところなんですが。
凄くないですか?
除菌ウェットシートとマスクにマスク入れが置いてありました。

なんだかお洒落なコーヒー。

冷蔵庫は空っぽでした。

続いてバスルーム。

バスルームは、ユニットバスでした。

Panasonicのドライヤーが嬉しい。

アメニティも充実していました。

  • TOOTH BRUSH × 2
  • HANDY RAZOR× 2
  • 綿棒とコットンのセット× 2
  • HAIR BRUSH× 2
  • SHOWER CAP× 2
  • ヘアゴム× 2

回線速度も測ってみました。
大磯プリンスホテルのWi-Fiが40Mbps近く出ているので、まず不便することは無さそうです。

楽天回線もPingが少し高めではありますが、10Mbps以上出ていました。
楽天回線は、どんどん快適になってきている気がしますね。

楽天回線が場所問わず安定してしまったら、楽天モバイル1強になってしまうのでは・・・。

大磯プリンスホテル Wi-Fi

楽天モバイル(楽天回線)

施設 / Facility

大磯プリンスホテルの魅力のひとつ「インフィニティプール」です。

「インフィニティプール」といえば、シンガポールにある「マリーナベイサンズ」が有名ですが、大磯プリンスホテルの「インフィニティプール」は、その日本版といったところでしょうか。

夕日がかげる時間帯を狙って入ると素敵な景色を眺めながらプールに入ることができます。

温水プールなので、外の気温が低くても大丈夫でした。

レストラン / Restaurant

夕食 / Dinner

夕食は、レストラン「S.DINING」でいただきました。

普段は、ブッフェ形式ですが、感染症対策のため、セミブッフェ形式となっていました。
前菜・サラダ・デザート・スープ・パンまたはライスが食べ放題となっており、
自分で取りに行く形式ではなく、お店のスタッフの方に声をかけて、提供してもらう形式でした。

メイン料理は、1人1品選べます。
私は、「鹿児島県産黒豚ロースのグリル 小田原レモン風味(メンテルバター)」を選びました。

前菜はこんな感じ。
1品1品全てが美味しすぎました。

次は、メインディッシュなのですが、
私としたことが、料理が美味しすぎて写真を撮り忘れてしまいました・・・。
写真は、「本日のお魚料理」になります。

写真を撮り忘れたことに気づいたときには、既にこの状態。
あら、綺麗な断面・・・笑

デザートは、ハロウィン仕様でした。

朝食 / Breakfast

朝食は、チェックインの際に「和食」か「洋食」を選びます。
レストラン自体が「和食レストラン」と「洋食レストラン」で分かれているみたいです。

私は、洋食を選んだので、レストラン「中国料理 滄」で朝食をいただきました。

朝から優雅すぎません?
毎日こんな朝を過ごしたい。

こちらも、感染症対策でセミブッフェ形式でした。

感想 / Impression

今回は、Go To トラベルを利用して、大磯プリンスホテルに宿泊してみました。

感想としては、さすがプリンスホテルといったところでしょうか。

ホテル全体や部屋の居心地の良さと充実度は当たり前として、
今回一番感じたのは、ホテルのスタッフの方々の対応がとても良かったです。

温泉施設やレストランで直接お話をする際に、とても気を使っていただけてると感じました。
特に、レストランでは、感染症対策でセミブッフェ形式となり、スタッフの方々自身も忙しいのにも関わらず、色々とお声がけいただき、とても居心地が良かったです。

また是非再訪したいホテルになりました。

コメント